17歳の頃妊娠しました。高校は中退してたので、妊娠に気付かず、しんどくて気持ち悪さが続いたので母に付き添って貰い内科で妊娠が発覚しました。

母は「産むべきだ!」と言われ彼に伝えると大喜びで(彼も中退で大工の仕事してました)産む決心が付きました。

周りからは冷たい視線でした。「子供が子供産むなんて」と言われたりしてました。

でも私は母親としてこの子を立派に育ててみせる!と思っていました。

彼氏と籍を入れ、古いアパートを探して引っ越しました。

つわりがとにかく酷くて何食べてもすぐ気持ち悪くなって吐いてしまっていたので、栄養のある物や食べたいのを食べていました。偶に父や母が来てくれて美味しい物を食べさせてくれたりしてくれてました。

でも周りからは妊婦さんと思われないくらいお腹が出てなかったので、実家に帰る時とか電車に乗るのですが、席を譲ってくれる人は全くいませんでした。

つわりは産むまで続きました。

なので産婦人科の先生は赤ちゃんの成長の方が心配だからと男の子か女の子か教えてくれませんでした。毎週栄養剤の入った注射を打ちに行くほど大変でした。

毎日スーパーに行くのに買い物に自転車で行ってたので、検診の時に「逆子になってますよ。体操してください」と言われ毎日逆子を直す体操をしていました。

自転車もやめました。

逆子は直ったのですが、

妊娠8ヶ月で実家の階段から落ちてしまい、すぐ病院へ行ったら切迫早産になりかけてるとの事で、陣痛を抑える薬を飲まされていました。

それがカァッと胸が熱くなってもがくほど苦しい副作用でした。でも今産まれても赤ちゃんは生きられないと言われ、必死で耐えました。

それで1ヶ月もたせましたが、前駆陣痛が始まってしまったんです。

お医者さんには「まだ早いけど、陣痛が30分感覚になったら来てください」と言われ24時間ずっと30分間隔の陣痛になるまで寝ずに計ってました。

次の日の朝30分間隔の陣痛が来たので病院に行ったのですが、初めは陣痛を抑える点滴を打たれていました。

ですが、検診した時に赤ちゃんの頭が出て来てたらしく、急遽陣痛を起こす点滴に変え、お医者さんは「子供が助からないかも知れないです」と親に言ってた様です。

私は何となく赤ちゃんが男の子の様な気がしてたんです。私は子供を優先にして欲しいと何度もお願いをしていました。

ですが、無事母子共に助かりました。

赤ちゃんは未熟児だったので、3000gになるまで保育器の中に入っていました。

色々あり、離婚、再婚しましたが本当にたった18歳で妊娠した大変さを知りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です