私は、2人子供がいます。

一人目の時は、28歳の時に自然分娩で出産しました。

そのころの私は、フルタイムの事務員として働いていました。結婚してすぐ子供がほしいと思った私は、結婚して半年で妊娠しました。妊娠がわかった後、すぐにつわりが始まりました。

朝ご飯が特に食べられなくなりました。パン食が多かったのですが、食べると気持ち悪くなり、すぐはいてしますので、ゼリーやプリンを買って食べていました。

それでもはいてしまう時もあり、ひどい時は、会社の仕事中にも気分が悪くなり、トイレに行ってはいていました。

つわりは、妊娠がわかった6週目ぐらいから、安定期に入るぐらいまでは続いたように思います。体調が悪くても定期健診で仕事を半日休んだりしていたので、それ以外は、休まないように心がけていました。

仕事は、座ってする受注事務の仕事でしたが、座っていてもおなかだ張ったりするようになり、トイレに行っては、休むということを繰り返しながら、仕事をいていました。

安定期にはいって、おなかが大きくなってきた6ヶ月ぐらいから家でストレッチをしたり、旦那さんと一緒に夜ウォーキングをするようになりました。出産をするための体力と体作りのため、仕事もしつつ、無理のしない程度の運動をしていました。

37週をむかえた日に突然今までに無いおなかの痛みを感じました。おなかのはりとも違う痛みでした。できるだけベットにいましたが、痛くなるときと痛くないときがあるのにきずきました。

これは、お腹のはりじゃなくて、陣痛というものが始まったんだと思い、急いで実家の母に連絡しました。

実家から離れたアパートに住んでいた私は、旦那さんが仕事から帰ってくるのを待って、入院準備していた荷物をもって実家に行きました。

夜の7時頃に実家に着いたのを覚えています。晩ご飯の親子丼を食べて、病院にいきました。何もかもが初めてだった私は、不安でいっぱいでしたが、少しづつ陣痛の感覚が短くなってくるにつれ、その痛みをこらえるのに必死でした。

夜も眠れず、陣痛の痛みに耐えていました。

次の日の昼過ぎ、かなり陣痛の感覚も短くなり子宮口も開いているという判断で、分娩室に行きました。

分娩室に行ってから、なかなか陣痛が強くならず、最終的には赤ちゃんの頭を吸引をして出産しました。

陣痛にあわせて先生がお腹に体重を乗せ、それにあわせて吸引してやっと赤ちゃんが生まれました。

元気な男の子でした。

私は、子供が生まれたことに安心してほっとしました。

旦那さんも病院に来てくれていた家族も新しい命の誕生を喜んでくれました。

初めての出産で何が起こるかわからないので不安でしたが、元気に生まれて来てくれたことに感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です